脳内マガジンのあらすじ&感想を書いたり、反省会やってます。めだかボックスを打ち切らせない為にも皆様ご協力お願いします。サクッ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テーマ:-ジャンル:
--/--/--/-- | スポンサー広告
page top

脳トレ千本ノックその81反省会
「ジャンプのアンケートを毎週送っている」【惜しい!】(0.1)

>「マガジンのアンケート」だったら普通に正解なのに!「連載の寿命が延びますね」ってフツーにツッコむのに!(春子)
>他人の評価など無意味とばかり好きなことを書く、正にご自身のブログさながらのポリシー。漢気に溢れています。私もポリシーを大切にしてこんな答えには賞はあげません。(春団治)


帰「うちの管理人、メジャーよりマイナーな物を好むから周りから見ればかなりの異端なのよね」
俺「何故めだかタンのオッパイと絶対領域の良さがわからないのかな?そうか!それは俺が超越」

ドスッ



「映画のタイトルに必ず『の』を入れる」


>コレなんか元ネタあるんだよね!?・・でも思い出せなかった、すまねっス。(春子)
>岩崎宏美がデビュー当時、占いで曲のタイトルをカタカナにすると売れると言われて、「デュエット」「ロマンス」「センチメンタル」・・・・・。(春団治)
 古すぎ。(春子)

点「宮崎映画が元ネタですよ…ってもう着替えて良いでしょ(泣)」
「駄目なの!」



「エンジェルビーム発射の構え」
【惜しい】(0)

>昆虫や小動物にとって”擬態”や”威嚇”は生き延びるための重要な手段。したがって「発射の構え」はとってもいいネタ、エンジェルビームと切り離してまとめたかった!・・ってか、今後エンジェルビームで点がとれることってないんじゃね?

俺「今週こそネギまを読んでやる!喰らえ!エンジェルビーム!

サクッ

俺「渾身の一撃が…斬られた(泣)」
復「さぁ私の愛を受け取ってください」

「さくせん:ガンガンいこうぜ は絶対選ばない」【正解です】(2)

>デューク東郷曰く、「オレが今まで生きてこれたのはラットのように臆病だったからだ」。無謀な積極さは即ち死・・そういえば今回、思いのほかゴルゴネタ少なかった(松本除く)。

俺「NGかと思ってたのに…」



「青海苔つき焼きそばは食べない」

>カレーうどんをすすらない。(春団治)
>りんごをかじらない(以下原点チームのみなさんが続けます)。(春子)

原「ジェノベーゼは食べない」
点「タバスコはかけない」
回「トマトジュースは飲まない」
帰「堅いフランスパンは食べない」
俺「…ってわかるかー!」



「長いものにまかれない」


>いや、逆だろう、長生きしたけりゃ。

俺「めだかタンー!編集部の圧力に屈しちゃらめぇー!」

サクッ

「増えるわかめを増やさない」

>そうそう、乾燥したまま大量に飲み込むと、かるく奇跡体験できるよね。

点「こんなアホなことやる人がどこに…」
( 謎ω謎)「ヘブン状態!」
点「やってたー!」


「銀の龍の背に乗って命の別名を探しに行かない」

>ぼくはツッコミが浮かばない非力を嘆いている。

俺「みゆきかよ!が正解です」



「乳首券を使うタイミング」

>原点さんがこのネタを使うタイミングを間違ってるよ!


dei.jpg



「食卓には常にマヨネーズ」

>徹かよ!(春子)
>「マヨネーズは黄色いキャップ限定」だったら「郁恵かよ!」ってツッコミました。(春団治)


俺「銀魂の土方ネタ…ってわかんないか」
点「慎吾ママかよ!も可」


「マフィアの家庭教師は雇わない」 

>その人、ヒットマン?でもまた生まれそうな名前だよね。

俺「リボーンネタ…って読んでないからわかんね」

------------------------今日のボックス--------------------------
邪気眼


俺「厨二病かよ!」


千里に近づかない

俺「近づいたら死亡フラグが立ちます」


「原点回帰のリーダーの死に様を見て生きてる事の有り難さを学ぶ。」 富蔵すまぬ幣造さん

>ってか寿命が縮むよ!R15くらいはあるよ!


俺「俺が言いたいのはネギま!を読むのは命がけってことさネギまブロガーは裏では謎の組織と激しい戦いを繰り広げているんだぜってここR15かよ!」
復「管理人さん♪私自身がプレゼントです♪受けとって♡」
俺「ちょ…やめ…あっー!」
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 俺×復と原点回帰wwwww. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。