脳内マガジンのあらすじ&感想を書いたり、反省会やってます。めだかボックスを打ち切らせない為にも皆様ご協力お願いします。サクッ

魔法先生ネギま!263時間目 脳内あらすじ&感想
俺「今週もこの時間が来たか…一撃でケリをつける!うおおおおおお!」
ファース「がんばれー…zzz( -o-)」
復「管理人さ~ん、またいやらしいネギまを読もうと企んでいるんですか~?
そんなことしちゃ駄目ですよ~」
俺「おまえの方がいやらしいわー!喰らえ!
ブラッディローズ!
復「スル~」
俺「普通に避けられた―!ああ!マガジンがー!」



警告:イメージを害されたくない方、電王嫌いの方、この電波についていけない方、アンサイクロペディアの記事が理解できない方、猫アレルギーの方、冗談の通じない方、
オリキャラはこりごりでござるという方、超展開について行けない方、ネタがネタであるとわからない方、ぬが嫌いな方、ハジケてない方、エロスしか求めていない方、ロリ嫌いの方、このノリに憑いて行けない方、パロディが嫌いな方、問題は自力で解きたい方、頭が固い方、戦闘力5の方、ポロリな方、おっぱいが嫌いな方、ハムな方、羽毛アレルギーの方、少し未来から来た方、眼鏡を掛けた涙を流している男が嫌いな方、てんこ盛りが嫌いな方、おばけはいると思っている方、汚い花火は見たくない方、腐女子な方、アンカーな方、ピアノマンが嫌いな方、泣ける系が嫌いな方、グゥレイトが嫌いな方、電車斬り派の方、そういう顔していない方、だが私は謝らない方、マンネリが嫌いな方、社長が嫌いな方、富竹が嫌いな方、全盛期伝説が嫌いな方、ヅラロットが嫌いな方、チューリッヒが嫌いな方、中の人ネタが嫌いな方見ないことをおすすめします


ネタバレ?注意




263「メトロノーム・チュ~チュ~カーニバル episode3」

産業
がんばったナイト・津上
夏美の告白・夏
マシリト似の男

----------


D&P:会議室

糸矢「津上さん、ビショップさんから伝言です、いつも負けてるから辞令だってチュンチュン」
津上「えっ!?」
糸矢「はい、これ預かっている物」
黒い仮面を差し出す糸矢
津上「どぅあ!?」
?「ほぉ~黒い仮面、出来たのか」
津上「ポーンの阿鐘!?いつ帰ってきた!」
ポーン:阿鐘
阿鐘「ナイトが空位になると聞いてな、急いで帰って来た」
津上「な、何かの間違いだ!?」
糸矢「君に与えられた選択支は2つ、組織を辞めるか忠誠心を見せるか…だって、どうするの?」
津上「くっ…」
黒い仮面を手にする津上
津上「決まっているだろ!私の命を賭けて必ず白き翼を倒します!」
震える津上


買い物をしているこのせつの前にいきなり出現する津上
津上「貴様ら…」
刹那「ファンガイア!」
津上「俺はずっと組織の為に働いてきた…それなのにお前達のせいで…俺は…!」
歯ぎしりして拳を握りしめる津上、懐から黒い仮面を出す
津上「これを使えば俺は俺でなくなる…だが構わない…それでお前達を倒す力を得られるのなら!」
黒い仮面を装着する津上、黒いオーラに包まれダークホースファンガイアに変身する
ダークホース「うおおおおおおおおお!!!!!!!」
刹那「お嬢様!」
パンチの衝撃の風で吹き飛ばされ鱗粉の網で捕えられる2人
ビショップ「ふっ…まずは2人」
網の中で気絶している2人
ビショップ「津上君」
後ろから襲いかかるダークホース
ビショップ「あなたの組織に対する忠誠心はすばらしい!」
鱗粉で網を作り捕えられるダークホース
ビショップ「もう一働きしてもらいますよ」
ダークホース「うお!うお!だぁっぁぁぁ!!!!」

1988年

ナギ「何作っているんだ?」
フヅキ「魔法ガリータ帝国とファンガイアはどんどん強大になっているでしょ」
ナギ「言われてみればそうだな」
フヅキ「今のイクサシステムでは装着できる時間や発揮できる力が限られている。
イクサシステムを最大限に活かし、且つ強化させる、それがこの武器、イクサライザーよ」
ゲーデル「すごいですね!こんなのも作れるんですか?」
フヅキ「元々はおもちゃだけどね」

現在、カフェ・マルダール

トサカ「だから!黄金賢者が我々がまだ居るにもかかわらず攻撃してきたんですよ」
健吾「そうや!」
嶋「…すまん、相手が相手だけにどうすることもできない」
クレイグ「クソッ…」
名護「嶋さん、新しいイクサの製作はどうなっていますか?」
嶋「もうすぐ完成だ、15年の時を経てようやくイクサライザーの力を制御できるイクサだ、
これまでのイクサとは全然違うぞ」


千雨「あの2人何処を寄り道しているんだ?」
古「道に迷ったアルか?」
茶々丸「迷うはずはないんですが…」
龍宮「2人に何かあったのか?」
楓「かもしれないでござるな」
のどか「まさか…ファンガイアが現れたんじゃ…」
夕映「もるです~」
朝倉「それにしても8人で探しに行くのはオーバーじゃない?」
美空「おい!私もいるぞ!」
いきなりダークホースが現れる
ダークホース「ぐあああ!!!」
千雨「ファ、ファンガイア!?」
夕映「もるです~(泣)」
地面にパンチするダークホース、パンチの衝撃の風で吹き飛ばされまた鱗粉の網で捕えられる9人


明日菜「皆遅いなー」
ビショップ「お仲間なら帰って来ませんよ」
ネギ「誰!?」
エヴァンジェリン「貴様は…」
ビショップ「初めまして、私はチェックメイトフォーのビショップと申します。
あなたのお仲間は我々が預かっております。返してほしければ私について来てください」


闘技場

ビショップ「ここですよ」
奥の祭壇の牢屋にいる11人、見張りのクラブファンガイアとシケーダファンガイアが立っている
ネギ「皆さん!」
明日菜「皆!」
エヴァンジェリン「世話掛けさせやがって…」
小太郎「助けに来たぞ!」
夏実「夏休み終わるまでに痩せればいいかぁ」
まき絵「ここ何処?」
裕奈「わかんない」
アキラ「観光名所じゃない?」
亜子「スーパー…ガイストカッター!
ビショップ「ネギと小太郎とエヴァンジェリン、姫巫女と思われる少女はわかりますが…あんな奴らいましたか?」
シケーダ「いえ、白き翼のリストにあんな奴らはいませんが…」
ビショップ「…まあいいでしょう、見た所我々の敵ではないですし、
ここにいる方々はキングの覚醒の為にその命を捧げて貰いましょう…
最後に何か言い残した人はいませんか?」
夏実「は、はい!」
ビショップ「はい、そこの地味で普通な子
夏実「普通って言うな!…コホン、私…小太郎君のことが好きなの!
小太郎「えっ、あっ、えー!?」
いきなり小太郎にキスをする夏実
一同「な、なんだってー!?
クラブ「あまずっぺ~なー」
カモ「いまや!仮契約の儀式を…」
まき絵「次私…」
マシリト似の男「仮契約タイム終了!」
いきなり出てきて何処かへ立ち去るマシリト似の男
茶々丸「あれ、誰ですか?」
シケーダ「いや、俺に聞かれても…」
ビショップ「…もういいでしょう…津上君!全員を始末しなさい!#あー馬鹿らしい…」
空から現れるダークホース
ダークホース「ぐあああ!!!」


煽り:黒馬暴走!


感想
阿鐘がかっこよすぎるwwwwwwwwwww
なんだこの展開wwwwwww
亜子wwwwwwwwwwww
仮契約ラッシュキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!
マシリト似の男wwwwwwwwwwwwww


原「チュ~で満足」
点「脳内あらすじ終了!」
回「スーパー…ガイストカッター!」
帰「本物と比べてあってる確率だいたい7%」
俺「疲れた…全巻購入特典のカードケースってどうやって手に入れるの?」
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 俺×復と原点回帰wwwww. all rights reserved.